高血圧を避けるために

塩分との関係

食事と健康の問題において、特に挙げられやすい塩分取りすぎと高血圧。 これらは、常にセットで語られる事が多いのですが塩分取りすぎとどんな因果関係があるのでしょうか。

実は、塩分取りすぎと高血圧というのは必ずしも関係しているわけではなく体質によっては全然影響が無い人もいるのです。 ですから、絶対に誘発しているわけではないという事を覚えておきましょう。

しかし、リスクを高めるという事は間違いありませんし多くの人には高血圧の原因の一つになることもまた事実といえます。

何より、食事というのは生活の基盤の一つですから自分に影響がなくても共同生活者も含めて改善をする必要があります。

では、どうすればいいか?

高血圧にならないために、減塩などの対策は非常に効果的です。 しかし、減塩の手段なども工夫することでより確実に高血圧を防ぐことに繋がります。

例えば、味付けを薄くするだとかはそれだけで減塩になりますがほかの食べ合わせを意識することも予防になるのです。 例えば、野菜などをしっかりと取る事でカリウムを摂取してナトリウムとのバランスを取る事で結果的に高血圧予防にもなったりします。

これは、塩分取りすぎという問題が体内にナトリウムを過剰に取る事で血圧が上がるというメカニズムにたいしての対抗処置になっているのです。

単純に減塩するよりそちらの方が美味しく食べられて予防にもなるので続けるのも楽ではないかと思います。