サプリの使いすぎには注意

万能ではない??

塩分取りすぎ、というのは特に塩分を含んだ調味料を使うのが日常的な我々日本人には身近な問題です。 最近では、塩分取りすぎにはカリウムを摂取すればいいというような情報もありますがこれはあくまで野菜や果物で食べた方がいいという事です。

現代人の特徴とも言えますが、何かとサプリで解決しようというような認識は多分誰にでもあります。 しかし、サプリは決して万能薬ではありません。あくまで役目は足りない物を補うだけなのです。

自分はカリウムのサプリを取ってるから大丈夫、と味の濃いレトルトやインスタント食品ばかり塩分取りすぎなのが変わっていなければ本末転倒です。

取りすぎはどれも危険

栄養不足に対してサプリを使う、というのは現代人には当たり前になりつつある意識です。 しかし、特にカリウムの摂取というのは行き過ぎてもよくないんです。

カリウムを摂取すると、利尿作用もあり確かに余計なナトリウムを排出することができます。 しかし、頻尿は腎臓に負担をかけますので折角サプリで高血圧を防げても腎不全のリスクを負うのは変わりません。

特に腎臓というのは人体の中でも回復しづらい器官ですので使いすぎ、頼りすぎというのは不健康どころか別の問題を引き起こしかねないので十分に注意しましょう。