塩分摂取を少なくする対策は?

薄味に慣れるるコツは?

塩分取りすぎという問題は今や色々な場所で囁かれている物ですが、具体的にどう対策すればいいのかというのが難しい問題です。

取りすぎが良くないのだから、いっそ塩分のない食事をするのが一番の対策になるんじゃないかという極端な人もいるでしょう。

しかし、取りすぎも良くないですが全く取らないのも体に良くないのです。 何より、そんなことをした食事はやっぱり美味しく無いですから決して長続きしません。 あくまで、食事を楽しめるように減塩していくことが大切です。。

味付けを少し薄くしてみる、調味料の量を減らす、そう言った事でも減塩の効果は望めます。薄味に慣れていくコツは、だしをうまく使うことです。だしがしっかりと効いていると塩分が少なくても、美味しく料理を頂くことができます。

また、自分が食事でどの程度減塩できているか調べてみるをお勧めします。そのような事を行うことで、意識することができ対策につながります。

お酒を控えるのが対策?

塩分取りすぎの問題が引き起こす一番大きな問題は、やはり高血圧です。体質も影響してきますが、食事の改善が必要となってきます。

例えば、一番簡単なのはアルコールを控えるということです。 特にお酒を頻繁に飲む人なんかは、食事での減塩が難しいという人はお酒の量を減らすことで同等の対策につなげる事が出来るかと思います。

そもそも、やっぱりお酒を飲んでるとつまみにどうしても塩っ気のあるものを食べたくなってしまいますのでそれを無くすためにもお酒を控えるというのは大きな影響のある対策になるかと思います。