頭痛は危険信号

頭痛は危険の兆候?

塩は醤油や味噌など日本人にとって食生活の基礎になっています。しかし、そのせいで最近は特に塩分取りすぎという問題が挙げられているのです。

高血圧症などが代表的な影響がありますが、最近では塩分取りすぎは片頭痛の原因にもなったりすると言われています。

最近頭痛が酷いだとか、そう言った自覚症状が現れ始めたら減塩などをすることをお勧めします。特に、結構深刻な予兆で酷い場合は脳卒中になってしまう可能性があります。

人間にとって、脳は特に重要な器官ですのでもしも日常的にするようになってしまった場合は自分の食生活を見直しましょう。

ナトリウムが関係している?

そもそも、塩分取りすぎによってどうして頭痛が起こるのか?それは血圧の上昇とも関連があります。塩分取りすぎ、正確には体にナトリウムを取り入れすぎると体内の濃度を保とうとする働きが水をためようとするのです。

喉が渇きやすくなったりする自覚症状も実は、それが原因なので合わせて自覚症状の一つと考えていいでしょう。

動脈硬化など、血管に関しての問題も引き起こされやすく頭痛が起こるというのは脳血管に何らかの異常が起こっていることも考えられます。

風邪をひいてるわけでもないのに、症状が続いている時は要注意です。